モンスターハンターに学ぶ、努力の積み重ね

モンスターハンターに学ぶ、努力の積み重ね

みなさんはモンスターハンターやってますか?

私は昔、モンスタハンターGをやったのが始まりですね。

PS2の時代です。

それからややあって(友達がいなくて(笑))最近PSPのモンスターハンター3rdで復帰した次第です。

そして今は3DSのモンスターハンター3Gをやってます。

まだ3rdも制覇してないんですけど。

モンスターハンターはプレイヤーの腕にすべてがかかってますから、狩りの積み重ねで上達していることを肌で感じることが出来る良いゲームだと思います。

それを一番感じたのはやっぱり最初にやったモンスターハンターGの時ですね。

『イャンクック』という鳥竜種のモンスターがいるんですけど、はじめたての頃はそいつに何度も負けてなかなか勝てなかったですね。

それでも諦めずに何度も挑戦しているうちに、相手の動きのクセとか分かりはじめて、少しずつ攻撃も当たるようになっていきました。

そしてある日。ついに『イャンクック』を倒すことが出来たのです。

あの瞬間は本当に感動するものがありました。

その時私は「積み重ねって大切なんだな」と思ったのです。

普通の大人は「ゲームなんか」と批難しますが、私はゲームからも学べることはたくさんあると思っています。

特にモンスターハンターは、一歩ずつ成長を実感しながら進んでいける点が優れていると思います。

というのも、ターン制のRPGのように命令され出せばキャラクターが敵を倒してくれるわけではなく、すべて自分の判断で敵を倒さないといけないからです。

相手の弱点をついたり、罠を持っていったり、切り込むタイミングを決めたりするのもすべて自分の判断です。

そういった努力の積み重ねが上達に繋がるのです。

音楽ってすごい

TVでよく「懐かしのヒットソングベスト100」みたいなのやってるじゃないですか。

あれをみるたびに、「音楽ってすごい」って思うんです。

だって歌を聴くだけで、その当時の思い出とかがブワってよみがえってくるから。

すごく「時代」を閉じ込めるのに適した作品の形だなと思うんです。

漫画・アニメ・小説・ゲーム・映画・舞台……などなど、色々作品として残す形はありますけど、こと「時代」や「思い出」にかけては「音楽」が一番秀でているんじゃないかと思います。

今書き出してみて気付いたけど、どれも大抵の場合「音楽」とセットですよね。

だからやっぱり「音楽」の力がすごいと思う。

そんなにヘビロテしてたわけじゃない歌でも、一度耳にするだけで「あ、あの頃はこんなことをしてたなぁ」とか「こんな失敗した頃だっけ」と、すぐに思い出すことが出来ます。

もちろん、良い思いでも嫌な思いでもぜんぶ等しく、「音楽」は「時代」を閉じ込めてくれるんですね。

だから私にも、聴くだけで苦い記憶がよみがえる歌もあります。

苦い記憶だからやっぱり自分から進んで聴こうとは思いません。

でも、その苦い記憶と折り合いがついたり、その頃をあえて思い出したい時なんかは聴いたりもします。

ほんと、不思議です。

私だけが特にそう感じているだけかもしれませんが、「思い出」や「時代」に関しては音楽が一番なんですよね。

まるで音がついたフォトアルバムみたいな感じです。

結構長い間聴いてなくて、ある時に不意に昔の歌を聴いたりすると、思わず涙ぐんでしまうこともあります。思い出が詰まりすぎてて。

TVをつけてるだけで、今は色んな歌が流れてきますからね。

自然と記憶に刻まれるんでしょうね。

これからも色んな思い出を閉じ込めていってほしいものです。