家庭用ゲーム会社にとって厳しい時代

家庭用ゲーム会社にとって厳しい時代

といっても、そんな詳しいことは知らないですよ。

ただ、今は昔と違って『体験版』なんてものが平然とダウンロードできる時代じゃないですか。

限られた内容とはいえ、買い手は実際のゲームで遊んでみてから買うかどうかの判断が出来るわけで。

たとえば、宣伝の段階では買う気になっていたユーザーが、体験版で遊んだ結果買わなくなった、なんてケースも考えられますよね。

もちろん逆もあります。

問題はどちらの比率が大きいか、ではないでしょうか。

売りたいから体験版を用意してまで宣伝しているのに、その体験版がきっかけで買い控えが起こる。なんとも頭の痛い問題ですよね。

もしくは体験版だけで満足してしまうパターンなんてのも考えられます。

広く浅くゲームに触れたい人なんかはこのパターンなんじゃないでしょうか。

そうやってやっとこさ売れたとしても、ひとりあたり8000円も回収出来ればいいほうですよね。

一方で、ケータイゲームだと、『ガチャ』とよばれるアイテム課金に、数万円~十数万注ぎ込むユーザーがいるのです。

細かい事情は知りませんが、これだけ見てみても明らかに家庭用ゲーム業界がいかに不利かということが伺い知れます。

別にケータイゲームが悪いと言ってるわけではないです。

ただ、家庭用ゲームはすごく売り難い時代になったと思うのです。

インターネットが普及して、ゲームの評価なんかも発売日と同時に全国、ものによっては全世界にまで拡散されます。

攻略情報なんかも、発売日にはもうエンディングまで作られているなんてザラです。

情報を発信しやすくなった反面でゲームの評価もダイレクトに返って来る。

個人的にはそんな時代でゲームを売る人たちはほんとにすごいなと思うのです。

子どものころに夢中になったもの

みなさんは子どものころ、どんなものにハマっていましたか?

私は今となっては専ら漫画にゲームですが、その前は割りと色んなものに手を出していました。

思い出せる範囲では、ミニ四駆とかビーダマン、ハイパーヨーヨーなんてのもありましたね。

あとはラジコンとか。

ミニ四駆は今でもやりたいくらいですけどね(笑)

もっと遡れば、カードダスにはまっていましたね。

確か20円で1枚カードが出てくる、いわゆる「ガチャ」です。

近所のおもちゃ屋さんに集まって、みんなでわいわいガチャを回していました。

10円玉しか使えないから、よく店のおばあちゃんに両替してもらったりして。

中には希少価値の高い「キラ」という、箔押しカードがあって、それを当てた人は一躍人気者になれたものです。

男の子のサガでしょうか。私はその当時から物を集めることが好きだったのかも知れません。

当時集めていたカードダスは確かドラゴンボールだった気がします。

「キラ」を当てるために色々研究したりもしました。

ある一定回数引いて、「キラ」が出る確率を調べたり、ノーマルカードと「キラ」との法則なんかをみつけようとしたり。

そんなのが流行るものだから、みんなカード機の前で牽制し合ってなかなか回さないんですよね(笑)だって回してもノーマルカードだから。

でも結局、「キラ」を狙って当てる法則性は見つけられなかったと思います。

そういえば、カードダスにハマリすぎて、自分たちでカード機を作ったこともありました。

もちろんダンボール製ですけどね。

それが結構いい仕上がりで、しばらくそれで遊べるほどでした。

私の中でカードダスの魂は、今やトレーディングカードゲームに受け継がれています。

でも、久しぶりに「カードダス」を回しにいきたいな。